民事再生

民事再生とは、裁判所の力を借りて債務の相当部分を強制的に減額させることです。

民事再生法を使わずに任意再生を使わずに、任意整理だけでの減額もできますが、民事再生の方が強制力があり、減らすことができる金額も多くなるので、債務総額が多い場合には民事再生の方が効果的といえます。

ただし、任意整理は、債権者との直接の交渉なので、他の人に全くヒミツに行うことはできるのですが、民事再生と自己破産は、裁判所を通して行うので、官報によってその事実が公表されます。

ちなみに、民事再生と自己破産の大きな違いは、後者は政務をゼロにしますが、前者はゼロにはせず、一部であっても返済させるというところです。

民事再生のいいところは、自己破産のように全く債務が免責になるわけではなく、債権者に対して返済も行うので、債務者の心理的負担が少なくなります。

また、自己破産のように財産が処分されるということがないので、頑張ればマイホームを残すことができます。

自己破産という言葉はとてもポピュラーで、その事実が知られることはとても辛いことですが、民事再生という言葉はそれほど知られていないので、その事実が知られても、外聞が悪いということはないでしょう。

民事再生は債務者の債務状況を健全にして立ち直りを助けるための制度となっています。

民事再生でなんとかなるなら、自己破産をする必要はありません。

また、民事再生の場合、債務整理の対象から住宅ローンを外すことができ、今住んでいる住宅に住み続けることができるのです。

民事再生で住宅ローンを残すことは債務者にも有利といえます。

これからは違法金利で債務を大幅に減額するケースが少なくなり、民事再生が債務整理の主軸になるかも?